記事
ナムグン・ミン、キム・ジウン、ドラマ『1000ウォン弁護士(仮)』に出演確定
2022.05.12

韓国の記事にナムグン・ミンさんの記事が掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>

ナムグン・ミン、キム・ジウン、ドラマ『1000ウォン弁護士(仮)』に出演確定


各事務所提供

ドラマ『1000ウォン弁護士(仮)』にナムグン・ミン、キム・ジウン、チェ・デフン、イ・ドックァ、パク・ジヌの出演が確定した。

2022年放送を目標とするSBS新金土ドラマ『1000ウォン弁護士(仮)』がナムグン・ミン、キム・ジウン、チェ・デフン、イ・ドックァ、パク・ジヌにつづく主演ラインナップを公開し、また1つの興行シンドロームを予告する。ドラマ『1000ウォン弁護士(仮)』は受任料はたったの1000ウォン、実力は断然最高の<1000ウォン弁護士>チョン・ジフンが金持ちのポブクラジたちと受任料の高い弁護士たちと対抗して戦う痛快な法廷活劇。演技力と興行パワーを全て持つ<信頼して見ることができるナムグン・ミン>が『ストーブリーグ』シンドローム以後、SBSで2年ぶりに披露する新作として期待を集めている。

ナムグン·ミンはドラマの中で1000ウォン札1枚で会えるコスパ最強の法曹ヒーロー「チョン・ジフン」役を演じる。チョン·ジフンは洗練されたパーマヘアにロンドンの路地裏で出くわすような強烈な印象を持つ法曹界の<石>のような異端児。ドラマ『ストーブリーグ』、『キム課長とソ理事~Bravo! Your Life~』、『黒い太陽(原題)』、『ドクタープリズナー』等を通じて視聴者の全面的な支持を受け、彼自体が1つのジャンルとなった俳優ナムグン・ミンが披露する<ナムグン·ミンの法廷活劇>に注目が集まる。また、ナムグン·ミンが<2020 SBS演技大賞>で大賞を受賞をした後、2年ぶりにSBSに戻ってきたので、再現される興行シンドロームを期待させる。

<中略>

ドラマ『1000ウォン弁護士(仮)』は2022年に放送される。

※ポブクラジ…人脈、情報、知識などと結合した法律権力および技術を利用してドジョウのように民主秩序を崩しながら法による処罰を巧みに避けていく人

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

リストに戻る

Copyright 935Entertainment & C MEDIA All Rights Reserved.