記事
ドラマ『黒い太陽(仮)』ナムグン・ミン、一人生き残った者の孤独…ティーザーポスター公開
2021.07.30

韓国の記事にナムグン・ミンさんの記事が掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>

『黒い太陽(仮)』ナムグン・ミン、一人生き残った者の孤独…ティーザーポスター公開


©MBC

MBCの新金土ドラマ『黒い太陽(仮)』が秘密の事件の序幕を開いた。

来る9月に初放送予定のMBC新金土ドラマ『黒い太陽(仮)』が強力なビジュアルと
意味深な雰囲気で視線を集めるティーザーポスターを7月30日に公開した。

ドラマ『黒い太陽(仮)』はパク・ソクホ作家の2018年MBCドラマ脚本公募展受賞作で、
1年前に行方不明になった国家情報院最精鋭の現場要員が
自分を奈落の底に落とした内部の裏切り者を探し出すために
組織に復帰したことで展開される物語だ。

公開されたティーザーポスターには死の危機から一人生き残り
周囲を見回すナムグン・ミン(ハン・ジヒョク役)の姿が描かれている。
<肝に銘じて、疑うことこそ生存だ>というキャッチコピーは
誰かの陰謀で致命的な危険に陥った後、誰も信じられなくなってしまった彼の
切迫した状況をそのまま感じさせる。

ドラマの中のハン・ジヒョクは国家情報院最精鋭の現場要員で、
作戦遂行中に同僚が射殺された後、記憶を失った状態で行方不明になって
1年ぶりに国家情報院に戻る人物だ。
無残な光景の中で驚愕に満ちた表情、手に銃を持ったまま立っている姿は、
ハン・ジヒョクをめぐるおぞましい事件の経緯が何なのか、さらに気になる。

ハン・ジヒョクはすべてを失った状態で秘密を暴くとし、
彼の孤軍奮闘する姿に期待感が高まっている。
同僚たちが命を失ったその日の夜、闇の中に姿を消した真実は何なのか、
奈落の底まで落ちた彼が記憶を取り戻して裏切り者を処断することができるのか、
結末が注目される。

<後略>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

リストに戻る

Copyright 935Entertainment & C MEDIA All Rights Reserved.