記事
ドラマ『黒い太陽(仮)』 ナムグン・ミン、国家情報院最精鋭の現場要員として完璧に変身
2021.06.11

韓国の記事にナムグン・ミンさんの記事が掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>

ドラマ『黒い太陽(仮)』 ナムグン・ミン、国家情報院最精鋭の現場要員として完璧に変身


©MBC

ナムグン・ミンがMBCの新ドラマ『黒い太陽(仮)』の
国家情報院最精鋭の要員として戻ってくる。

今年下半期に放送予定のMBCの新ドラマ『黒い太陽(仮)』が
カリスマあふれるナムグン・ミンの初のスチール写真を公開し、注目を集めている。

ドラマ『黒い太陽(仮)』はパク・ソクホ作家の2018年MBCドラマ脚本公募展受賞作で、
1年前に行方不明になった国家情報院最精鋭の現場要員が自分を奈落の底に
落とした内部の裏切り者を探し出すために、組織に復帰したことで展開される物語だ。

ナムグン・ミンはドラマの中で国家情報院最精鋭の現場要員ハン・ジヒョク役を演じ、
華麗で痛快なアクションで爽快なカタルシスを届ける予定だ。
ハン・ジヒョクは、完璧な業務遂行能力で同僚にとって<畏敬>の
対象だったが、組織を危機に追い込んだまま行方をくらまし、
1年ぶりに復帰して組織を揺るがすことになる人物だ。

11日に公開された写真のナムグン・ミンは国家情報院最精鋭の
要員「ハン・ジヒョク」に変身し注目を集めている。
強烈な目つきはもちろん、悲しみと怒りが共存する表情から
尋常ではない雰囲気を醸し出し、好奇心を刺激する。
また、銃口を向けながらどこかを凝視している姿は、緊張感を高める。

ドラマ『黒い太陽(仮)』の制作陣は「ナムグン・ミンは完璧にバルクアップされた
外見からセリフ一つ一つ、ため息一つまでどうすればハン・ジヒョクを
完璧に実現できるのか、絶えず悩みながら演技に臨んでいる。
アクションブロックバスタージャンルの特性上、難しいシーンが多かったが、
完璧に演技するナムグン・ミンを見ながら、スリルを感じるほどだった。
ナムグン・ミンの爆発的な演技と華麗なアクションが、どんなシナジー効果を出すのか
『黒い太陽(仮)』を通じて確認してほしい」と伝えた。

<後略>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

リストに戻る

Copyright 935Entertainment & C MEDIA All Rights Reserved.