記事
ドラマ『黒い太陽(仮)』台本リーディング…ナムグン・ミン「ドラマの成功を確信している」
2021.06.10

韓国の記事にナムグン・ミンさんの記事が掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>

ドラマ『黒い太陽(仮)』台本リーディング…
ナムグン・ミン「ドラマの成功を確信している」



©MBC

MBCの新ドラマ『黒い太陽(仮)』の台本リーディング現場が初公開された。

今年下半期に放送予定のMBC新ドラマ『黒い太陽(仮)』は
1年前に行方不明になった国家情報院最高の現場要員が、自分を奈落の底に
落とした内部の裏切り者を探し出すために、組織に復帰したことで展開される物語だ。

この日、台本リーディング現場にはドラマ『黒い太陽(仮)』を
率いていく制作陣と俳優たちが一堂に会した。
完成度の高い作品を披露するパク・ソクホ作家やキム・ソンヨン監督を始め、
ナムグン・ミン(ハン・ジヒョク役)、パク・ハソン(ソ・スヨン役)、キム・ジウン(ユ・ジェイ役)、
キム・ビョンギ(パン・ヨンチャン役)、イ・ギョンヨン(イ・インファン役)、
チャン・ヨンナム(ト・ジンスク役)などのベテラン俳優らが出席し、
韓国型スパイアクション・ブロックバスタードラマの誕生を予告した。

ドラマ『黒い太陽(仮)』側は「国家情報院最高の現場要員ハン・ジヒョク役を演じた
ナムグン・ミンは一言のセリフでも重たいカリスマ性を発揮し、韓国を代表する俳優の
底力を立証した」と誇示した。

続いて「犯罪情報統合センターチーム長ソ・スヨン役のパク・ハソンは
吸引力のある目つきで冷徹な面貌を見せながらもラブリーなギャップを見せた。
また、キム・ジウンはハン・ジヒョクのパートナーであるユ・ジェイ役に変身、
たくましく力強い笑顔でリーディング現場を和気あいあいとさせた」と現場の雰囲気を伝えた。

国家情報院の要員として活躍する俳優たちの組み合わせも目を引く。
キム・ビョンギ(バン・ヨンチャン役)、イ・ギョンヨン(イ・インファン役)と
チャン・ヨンナム(ト・ジンスク役)、キム・ジョンテ(カン・ピルホ役)は、
ドラマの中に緊張感を呼び起こし、完熟した演技を披露した。

<中略>

最後に台本リーディングを終えたナムグン・ミンは「素晴らしい俳優たちと一緒なので
私たちのドラマがうまくいきそうな予感がはっきりとしました」と理由ある自信を示した。
パク・ハソンは「今日リーディングをしてみたら台本がより面白いと感じました。
もっと頑張ってリーディング時よりもずっと上手く出来るようにします」と
演技に対する情熱を表した。キム・ジウンは「今日初めて先輩、後輩、
そして同僚の俳優の皆さんとリーディングをしました。最初の出発を気持ちよくできて、
ドキドキしました。皆さんにもワクワクする気持ちをお伝えできるようにします」と意気込みを語った。

<後略>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

リストに戻る

Copyright 935Entertainment & C MEDIA All Rights Reserved.