記事
ナムグン・ミン「自分の短所は重低音の声」
2019.06.04

韓国の記事にナムグン・ミンさんの記事が掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>

ナムグン・ミン「自分の短所は重低音の声」

ナムグン・ミン本人が考える短所を話した。

6月1日(土)に放送されたJTBCバラエティ番組『知ってるお兄さん』に、
好評の中放送が終了したドラマ『ドクタープリズナー(仮)』の主役3人、
ナムグン・ミン、チャン・ヒョンソン、イ・ジュンヒョクが出演し、人気力の劣らない
バラエティ感を披露した。

最近行われたバラエティ番組『知ってるお兄さん(仮)』の収録現場で、
ナムグン・ミンは「自分の短所は声だ」と明かし、出演者らを怪訝させた。
続けて「この重低音の声のせいで、ふざけてみてもみんなが冗談とわからず
困惑される」と話し、その理由を話した。
その日ナムグン・ミンは本人の言葉を証明しようと、収録中に冗談なのか本気なのか
混乱させるコメントで出演者らを焦らし、笑いを誘った。

ナムグン・ミンの活躍はここで終わらなかった。出演者らがナムグン・ミンに対し
「歌を聴かせろ」と要請し、すぐにマイクを持ち大きな反響を得た。
ナムグン・ミンの熱唱にこの日、バラエティ番組『知ってるお兄さん(仮)』の
収録現場には歴代級の歓声が上がった。

<後略>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

リストに戻る

Copyright 2018 935Entertainment & C MEDIA All Rights Reserved.