記事
ドラマ『ドクタープリズナー(仮)』ナムグン・ミン、初の医者役に挑戦
2019.02.14

韓国の記事にナムグン・ミンさんの記事が掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>

ドラマ『ドクタープリズナー(仮)』ナムグン・ミン、初の医者役に挑戦


©KBS 2TV

ドラマ『ドクタープリズナー(仮)』で初の医師役に挑戦したナムグン・ミンの姿がキャッチされた。

来る 3月20日(水)初放送される
KBS新水木ドラマ『ドクタープリズナー(仮)』の制作陣が、
主人公ナイゼ役を引き受けたナムグン・ミンの撮影現場スチールカットを
初めて公開し、注目を集めた。
ドラマ『ドクタープリズナー(仮)』は大型病院から追放された天才医師ナイゼが、
刑務所医療課長になった後、生死をかけた息も詰まるぶつかり合いを繰り広げる
新概念 監獄×医療サスペンスドラマ。

ナムグン・ミンは、劇中他の追随を許さないすぐれた手術の実力と、
正しい信念を持った応急医学科のエースドクター「ナイゼ」に扮し、
ナムグン・ミンのメディカルドラマを期待させる。

これと関連し、公開された写真の中には白いガウンを着て、
医師に完璧に変身したナムグン・ミンの姿が映されている。
患者を待ち、緊張を緩めない姿から修羅場をかきわけて来たベテラン医師の
重たい貫禄と熱いカリスマを同時に感じられる。

夢中で何かを考えながら鋭い視線を送っているナムグン・ミンからは、
どんな患者でも助け出すという医師としての彼の強い意志が感じられる。

この日撮影現場で、ナムグン・ミンは今度が初の医療ドラマとは思えないほど、
熟練された手さばきとカリスマで現場を指揮し、彼が描き出す
新しい医師のキャラクターに関心が集まっている。

制作陣は「ナイゼはお金もなく、コネもないが鬼のような手さばきで
大学病院に生き残った人物として、彼を表現するためにナムグン・ミンには
基本的な医学用語の暗記だけでなく、手術の練習まで実戦に近い徹底的な準備が
要求された」とし、「台本の他にも、各種医学書籍と多様な症例と、
それにあった処方がびっしりと書かれたメモ紙をいつも持ち歩き、
一生懸命勉強しているナムグン・ミンが描き出す天才医師が
果してどんな姿なのか期待してほしい」と伝えた。

<中略>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

リストに戻る

Copyright 2018 935Entertainment & C MEDIA All Rights Reserved.